2015年度

  1. 大塚裕幸、小川猛志、金井敦、久保田周治、馬場健一、宮保憲治共著、“基本から分かる 情報通信ネットワーク講義ノート、”オーム社(2016)
  2.  斉藤典明,金井敦,谷本茂明,組織知識継承のための共有フォルダからの活動単位抽出アプローチ, 情報処理学会論文誌,Vol.57, No.1, pp.280-293 Jsn. 2016
  3. Shohei Ueno, Asushi Kanai, Hgeaki Tanimoto, Hiroyuki Sato,”Secure Protocol with Variable Security Level Using Secret Sharing Scheme,” Proc. of 2015 IEEE 4th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE2015), pp.626-627, Oct. 2015.
  4. Shimazu Masahiko, Atsushi Kanai, Shigeaki Tanimoto, Hiroyuki Sato,”Dynamic Risk Evaluation Model as a Security Field,” Proc. of 2015 IEEE 4th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE2015), pp.628-629, Oct. 2015.
  5. Atsushi Kanai, Shigeaki Tanimoto, Hiroyuki Sato, ,”Performance Evaluation on Secure Data Management Approach for Multiple Clouds Using Secret Sharing Scheme,” Proc. of 2016 IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE2016), pp.471 – 473, Jan. 2016.
  6. Shohei Ueno, Atsushi Kanai, Shigeaki Tanimoto, Hiroyuki Sato ,”Evaluation of Selecting Cloud Services Approach for Data Storage using Secret Sharing Scheme,” Proc. of The Sixth International Conference on Performance, Safety and Robustness in Complex Systems and Applications (PESARO2016), pp.1-6 Feb.2016.
  7. Shoichi Yoneda, Shigeaki Tanimoto, Tsutomu Konosu, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai, Risk Assessment in Cyber-physical System in Office Environment, ADPNA-2015, pp.412-417, Taipei, Sep.2015.
  8. Shigeaki Tanimoto, Tsutomu Konosu, Motoi Iwashita, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai, Risk Assessment Quantification in Hybrid Cloud Configuration, SECURWARE 2015, IARIA, pp.1-6, Aug.2015.
  9. Yuuki Kajiura, Shohei Ueno, Atsushi Kanai, Shigeaki Tanimoto, Hiroyuki Sato: An Approach to Selecting Cloud Services for Data Storage in Heterogeneous-multicloud Environment with High Availability and Confidentiality, Proc. 12th Int’l Symp. Autonomous Decentralized System, March, pp.205-210, 2015.
  10. Shigeaki Tanimoto, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai: Risk Assessment Quantification of Ambient Service, ICDS2015, IARIA, Feb, 70—75, 2015.
  11. 保要隆明・金井 敦(法政大)無線LAN不正アクセスポイント判定手法の検討, 電子情報通信学会、情報通信システムセキュリティ(ICSS)研究会、ICSS2015-39 Nov.2015.
  12. 白山 智康(法政大学)、金井 敦(法政大学)、谷本 茂明(千葉工業大学)、佐藤 周行(東京大学) ,”秘密分散法を用いたセキュアなクラウドストレージシステムの実装と評価,” 2016年 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2017), 2B4-2, Jan. 2016.
  13. 斉藤典明、赤埴淳一、金井敦、【特許番号】特許第5705718号(P5705718)
    【発明の名称】スケジュール管理装置およびスケジュール管理方法

 

2014年度

  1. 米田 翔一, 谷本茂明, 佐藤周行, 金井敦:オフィス空間における場のセキュリティを考慮したリスクアセスメント, 情報科学技術フォーラム講演論文集 13(4),pp.55-58, 2014-08-19, Aug.2014.
  2. Tanimoto, K. Takahashi, T. Yabuki, K. Kato, M. Iwashita, H. Sato and A. Kanai: Risk Assessment Quantification in Life Log Service, 15th IEEE/ACIS International Conference on  Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD2015),June, 2014.
  3. SATO Hiroyuki, TANIMOTO Shigeaki, KANAI Atsushi:  A Policy Consumption Architecture that enablesDynamic and Fine Policy Management,  Proc. 3rd ASE International Conf. CyberSecurity, May 2014.
  4. Atsushi Kanai, Shigeaki Tanimoto, Hiroyuki Sato:Data Management Approach for Multiple Clouds using Secret Sharing Scheme, to appear in 8th International Workshop on Advanced Distributed and Parallel Network Applications (ADPNA2014), Sep.2014.
  5. Shigeaki Tanimoto, Ryota Sato, Kazuhiko Kato, Motoi Iwashita, Yoshiaki Seki, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai: A Study of Risk Assessment Quantification in Cloud Computing, to appear in 8th International Workshop on Advanced Distributed and Parallel Network Applications (ADPNA2014),Sep. 2014.
  6. Akira Aratani and Atsushi Kanai:Authentication Method against Shoulder-Surfing Attacks using Secondary Channel,IEEE International Conference on Consumer Electronics (ICCE2015), Jan.2015.
  7. Yuuki Kajiura, Shohei Ueno, Atsushi Kanai, Shigeaki Tanimoto and Hiroyuki Sato :An Approach to Selecting Cloud Services for Data Storage in Heterogeneous-multi-cloud Environment with High Availability and Confidentiality, IEEE First International Workshop on Service Assurance in System Wide Information Management(SASWIM2015), March 2015.
  8. Ryota Sato,Shigeaki Tanimoto,Kazuhiko Kato, Motoi Iwashita, Yoshiaki Seki, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai:Quantification of Risk Countermeasure Effectiveness in Cloud Computing,8th International Conference on Project Management(ProMAC2014), pp.361-368,Dec. 2014.
  9. Shigeaki Tanimoto, Yuhei Kenmoku, Osam Kikuchi, Tsutomu Konosu: Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai :Quantification of Risk Countermeasure Effectiveness in Cloud Computing,8th International Conference on Project Management(ProMAC2014), pp.382-389, Dec. 2014.
  10. 梶浦悠生,金井 敦,谷本茂明,佐藤周行:ハイブリッド・クラウドにおける動的セキュリティ制御基盤方式,電子情報通信学会 ,信学技報, vol. 114, no. 117, ICSS2014-18, pp.61-67, July 2014.
  11. 荒谷 光,金井 敦:サブチャネルを用いた覗き見耐性を持つ認証方式の提案, 電子情報通信学会,信学技報, vol. 114, no. 117, ICSS2014-26, pp.139-144, July 2014.
  12. 荒谷 光,金井 敦 :Authentication Method against Shoulder-Surfing Attacks using Secondary Channel, 電子情報通信学会、映情学技報, vol. 39, no. 7, CE2015-18, pp.105-106, Feb. 2015.
  13. 白山智康,金井 敦:統計情報を用いた個人情報露出量算出方式, 電子情報通信学会, 信学技報, vol. 114, no.117, ICSS2014-28, pp.149-154, July 2014.
  14. 篠山裕貴,金井敦,谷本茂明, 佐藤周行: LOAを考慮した動的クラウド選択基盤方式, 暗号と情報セキュリティシンポジ ウム(SCIS2015), Jan. 2015.
  15. 平本拓也, 金井敦, 谷本茂明, 佐藤周行:セキュリティ場モデルの提案, 暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2015), Jan. 2015.
  16. 畑健一郎,佐藤彰,米田翔一,谷本茂明,佐藤周行,金井敦:情報セキュリティマネジメントシステムにおけるスローポリシー導入に関する検討,電子情報通信学会、信学技報 114(389)(LOIS2014-55), pp.91-96, Jan. 2015.
  17. 大角地涼介,佐藤亮太,米田翔一,谷本茂明,佐藤周行,金井敦:パブリッククラウドと企業ネットワークのセキュリティポリシー連携 マネジメントに関する研究、プロジェクトマネジメント学会2015年春季研究発表大会, March 2015.
  18. 佐藤 周行, 谷本 茂明, 金井 敦: アクセス制御のための機械可読サービスポリシー文書, コンピュータセキュリティシンポジウム 2014論文集, pp.236-243, Oct.2014.
  19. 本間将紘、金井敦、川上公一郎、中尾貢:公衆回線を利用したリモート装置の同時複数操作手法の提案, 情報処理学会、IPSJ SIG Notes 2015-DPS-162(4), pp.1-6, 2015-02-26, March 2015.

2013年度

  1. Yuuki Kajiura, Atsushi Kanai, Shigeaki Tanimoto, and Hiroyuki Sato, “ A File-distribution Approach to Achieve High Availability and Confidentiality for Data Storage on Multi-cloud,” IEEE 37th Annual Computer Software and Applications Conference Workshops, SAPSE 2013, pp.212-217, 2013.
  2. 谷本 茂明、関 良明、岩下 基、 佐藤 周行、金井 敦, ”ビッグデータを活用したサービスに関するリスクアセスメント, “ 電子情報通信学会論文誌A、J96-A(4), pp.189-194、2013.
  3. Shigeaki Tanimoto, Chihiro Murai, Yosiaki Seki, Motoi Iwashita, Shinsuke Matsui, Hiroyuki Sato, and Atsushi Kanai, “A Study of Risk Management in Hybrid Cloud Configuration, “ Springer, Computer and Information Science, vol.493, pp.pp.247-257,
    2013.
  4. Shigeaki Tanimoto, Yorihiro Sakurada, Yosiaki Seki, Motoi Iwashita, Shinsuke MATSUI, Hiroyuki Sato, and Atsushi Kanai, “ A Study of Data Management in Hybrid Cloud Configuration,”
    14th IEEE/ACIS, SNPD2013, pp.381-386, 2013.
  5. Daisuke Obata, Shigeaki Tanimoto, Shinsuke Matsui, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai, “ Business Continuity Planning / Disaster Recovery Configuration for Deployment with Cloud Computing, “
    Proceedings of the 7th International Conference on Project Management (ProMAC 2013), pp.691-698, Hanoi, Vietnam, November 6-9, 2013.
  6. Shoichi Yoneda, Shun Makino, Shigeaki Tanimoto, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai, “ Information Security Management System with Physical Security – Improvement of Risk Recognition Function with Multi-sensor -, “ Proceedings of the 7th International Conference on Project Management (ProMAC 2013), pp.557-564, Hanoi, Vietnam, November 6-9, 2013.
  7. 斉藤典明、金井敦、“業務の引継ぎを容易にするスケジューラ連動型組織知識継承基盤,” 情報処理学会論文誌,Vol.55, No.1, pp.127-142,2014.
  8. 斉藤典明, 金井敦:組織知識継承を実現する死蔵されない共有フォルダ構成法, 情報処理学会論文誌, Vo.54, No.1, pp295-308, Jan. 2013.
  9. 米田 翔一,牧野 駿,谷本 茂明,佐藤 周行,金井 敦,” 動的リスク評価に基づくセキュリティ場の提案”,  プロジェクトマネジメント学会2013年度春季研究発表大会, pp.303-307,2013.
  10. 見目 悠平,菊地 修,谷本 茂明,佐藤 周行,金井 敦, ”情報セキュリティマネジメントにおける保証レベルに関する検討 -CSIRT普及促進に資するLoA導入に関する検討-,“  プロジェクトマネジメント学会2013年度春季研究発表大会, pp.308-313,2013.
  11. 小幡 大輔,谷本 茂明,佐藤 周行,金井 敦, “BCPクラウド化に対する費用対効果に関する研究,”  プロジェクトマネジメント学会2013年度春季研究発表大会, pp.314-317,2013.
  12. 見目 悠平, 谷本 茂明, 菊池 修, 杉浦 芳樹, 佐藤 周行, 金井 敦, ”CSIRTにおける人的資源管理方式に関する研究,” プロジェクトマネジメント学会2013年度秋季研究発表大会,
    pp.105-110, 2013.
  13. Sato, H., Tanimoto, S., Kanai, A ,” Dynamic and Fine Grained Control of Policies by XMLed Policy management,” SCIS2014, 3C2-1, Proc. SCIS 2014.
  14. 本間 博礼, 金井 敦, 谷本 茂明, 佐藤 周行 ,”人物フォーメーションを考慮した危険度定量化手法,” 1A2-4, 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS), 鹿児島, 2014年1月1A2-4, Proc. SCIS 2014.
  15. 菊池 尚也, 金井 敦, 谷本 茂明, 佐藤周行,”秘密分散を用いた複数クラウドのデータ管理方式,” 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS), 3C1-5, Proc. SCIS 2014.
  16. 五十嵐 綾, 金井 敦, 谷本 茂明, 佐藤 周行 ,”秘密分散を用いたセキュリティ強度可変プロトコルの提案,” 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS) , 3F1-1, Proc. SCIS 2014.
  17. Sato, H., Tanimoto, S., Kanai,A,” Dynamic and Fine Grained Control of Policies by XMLed Policy management,” 暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS), 3C2-1, Proc. SCIS 2014.
  18. 横谷 百合, 金井 敦, 谷本 茂明, 佐藤 周行, ”ダイナミックなクラウド選択のためのSLAのXML化に関する提案,” 情報処理学会 第158回DPS研究会, 2014.
  19. 青山尚史、折茂潤一、金井 敦、“標的型攻撃メール対策を目的として送信者認証の提案、” 情報処理学会、マルチメディア通信と分散処理ワークショップ, pp104-107,Nov. ,2013.
  20. 上村宗嗣, 金井 敦, 本茂明, 佐藤周行,”偽装PC 環境によるアクティブ・プロテクト方式の提案,” マルチメディア通信と分散処理ワークショップ, pp100-103,Nov. ,2013.
  21. 荒谷 光 、本間 将紘、金井 敦、斉藤 典明 、“IRCプロトコルを利用した攻撃者と感染端末の探索手法、” コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS) 2013論文集, VOL2013.No.4 pp.139-146. Oct. 2013.

2012年度

  1. Tatsuya Miyagami, Atsushi Kanai, Noriaki Saito,higeaki, Tanimoto, Hiroyuki Sato : Alteration Method of Schedule Information on Public Cloud, Proc. of ICDS 2012 (The Sixth International Conference on Digital Society), pp.132-139, Feb.2012.
  2. Shigeaki TANIMOTO, Shinichi MIZUHARA, Msasahiko YOKOI, Hiroyuki SATO, Atsushi KANAI :Analysis of Security of PKI Operation with Multiple CP/CPS Based on Level of Assurance, Proc. of 2012 IEEE 36th International Conference on Computer Software and Applications Workshops, pp.100-105, July 2012.
  3. Shigeaki Tanimoto, Masahiko Yokoi, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai :Quantifying Cost Structure of Campus PKI Based on Estimation and Actual Measurement, Journal of Information Processing, Vol. 20, No. 3, pp. 640-648, July 2012.
  4. Shigeaki Tanimoto, Daisuke Sakurai, Yosiaki Seki, Motoi Iwashita, Hiroyuki Sato, and Atsushi Kanai :Risk Management to User Perception of Insecurity in Ambient Service, Proc. of SNPD 2012: 13th ACIS International Conference on Software Engineering, pp.771-776, Aug 2012.
  5. 宮上 達矢, 横谷 百合, 金井 敦, 斉藤 典明, 谷本 茂明, 佐藤 周行:クラウドスケジュールサービスにおける日付偽装のための鍵共有方式の検討,マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集, vol.2012, No.4, pp284-291, Oct. 2012.
  6. 横谷 百合, 宮上 達矢, 金井 敦, 谷本 茂明, 佐藤 周行:クラウドスケジュールサービスにおける日付偽装のための鍵共有方式の検討,マルチメディア通信と分散処理ワークショップ論文集, vol.2012, No.4, pp278-283, Oct. 2012.
  7. 斉藤典明, 金井敦:組織知識継承を実現する死蔵されない共有フォルダ構成法, 情報処理学会論文誌, Vo.54, No.1, pp295-308, Jan. 2013.
  8. 斉藤典明,金井敦,赤埴淳一:知識蓄積・継承のためのスケジュールデータ構成法,情報処理学会研究報告,Vol.2012-GN-82, No.19, pp.1-7, Jan. 2012.
  9. 荒井大輔,森口俊幸,金井敦,斉藤典明:知識情報の管理・表現方式の提案,情報処理学会研究報告, Vol.2012-GN-82 No.20, Jan. 2012.
  10. 森口俊幸,荒井大輔,金井敦,斉藤典明 クラウドサービスによる知識継承システムの実装,情報処理学会研究報告,Vol.2012-GN-82 No.21, Jan. 2012.
  11. 斉藤典明, 金井敦, 赤埴淳一:知識蓄積に適応可能なスケジュールデータ構成方法の評価, 情報処理学会研究報告,2012-GN-83(10), pp.1-8, 2012-03-14, March 2012.
  12. 高田 肖往 ,金井 敦:住所を特定できるブログ掲載写真の現状調査,電子情報通信学会技術研究報告, 111(495), pp.11-16, 2012-03-16 , March 2012.
  13. 谷本 茂明,高橋 健,関 良明,岩下 基,佐藤 周行,金井 敦:ライフログサービスにおけるリスクマネジメントに関する基本検討,電子情報通信学会技術研究報告,Vol.112,No.35 LOIS2012-8, pp.127-132, 2012, May 2012.
  14. 榎本真也,金井 敦,谷本茂明,佐藤周行:ダイナミックに制御する情報漏洩対策システムの検討,第11回情報科学技術フォーラム(FIT2012)論文集, pp.213-218, Sep. 2012.
  15. 上村 宗嗣,金井 敦,谷本 茂明,佐藤 周行:偽装環境によるPC保護と不正操作者情報収集技術の提案,コンピュータセキュリティシンポジウム2012論文集, 2012(3), pp677-684, Oct. 2012.
  16. 斉藤典明(NTT),金井敦(法政大学): 時間軸を中心にした知識継承用共有フォルダインタフェースの一考察,情報処理学会研究報告,2013-GN-86. No.3, pp.1-8, Jan. 2013.
  17. 米田 翔一,牧野 駿,谷本 茂明,佐藤 周行,金井 敦:動的リスク評価に基づくセキュリティ場の提案,プロジェクトマネジメント学会2013年度春季研究発表大会, March 2013.
  18. 見目 悠平,菊地 修,谷本 茂明,佐藤 周行,金井 敦:情報キュリティマネジメントにおける保証レベルに関する検討 -CSIRT普及促進に資するLoA導入に関する検討-,プロジェクトマネジメント学会2013年度春季研究発表大会, March 2013.
  19. 小幡 大輔,谷本 茂明,佐藤 周行,金井 敦:BCPクラウド化に対する費用対効果に関する研究,プロジェクトマネジメント学会2013年度春季研究発表大会, March 2013.
  20. 伊藤洋樹,金井敦:L2スイッチによる ARP cache poisoning 検知手法,SCIS2013 暗号と情報セキュリティシンポジウム, Jan. 2013.
  21. 川原正隆・金井 敦:ブログにおける誕生日の本人性判別方式の提案, 電子情報通信学会研究報告, vol. 112, no. 499, ICSS2012-57, pp. 1-6, March 2013.
  22. 滝澤茉耶・松永大希・金井 敦:統計情報を用いた個人情報露出量計算方式の検討,電子情報通信学会研究報告, vol. 112, no. 499, ICSS2012-58, pp. 7-12, March 2013.

2011年度

  1. Shigeaki Tanimoto, Masahiko Yokoi, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai,” Quantifying Cost Structure of Campus PKI,” Proc. Of the Fifth Workshop on Middleware Architecture in the Internet (MIDARCH 2011), pp.312- 320, July, 2011.
  2. Shigeaki Tanimoto, Manami Hiramoro, Motoi Iwashita, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai,” Risk Management on the Security Problem in Cloud Computing,” Proc. Of 1st Conference on Computers, Networks, Systems and Industrial Engineering (CNSI 2011), pp,147—152,May, 2011.
  3. 斉藤典明,金井 敦,” スケジューラを用いた知識の蓄積・継承の提案,” 情報処理学会 グループウェアとネットワークサービスワークショップ2011(査読付き),論文集pp.1-8, Nov. 2011.
  4. 松永 大希, 金井 敦,” 統計情報を用いた個人情報露出量算出方式の検討,” 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム(査読付き), 情報処理学会シンポジウムシリーズ Vol.2011,No.1,pp. 542-549,June, 2011.
  5. 藤巻 文孝,金井 敦,斉藤 典明,谷本 茂明,佐藤 周行,” 情報資産価値を用いた最適保存先決定手法,” 情報処理学会  マルチメディア通信と分散処理ワークショップ2011 (査読付き)論文集, pp.200-207, Oct. 2011.
  6. 岩下 透, 金井 敦,“ブログにおける本人・他人氏名情報抽出方式” 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイルシンポジウム2011 (査読付き),情報処理学会シンポジウムシリーズ Vol.2011,No.1, pp. 1017 – 1022,2011.
  7. Shigeki Tanimoto, Manami Hiramoto, Motoi Iwashita, Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai, ” Risk Management on the Security Problem in Cloud Computing,” 2011 First ACIS/JNU International Conference on Computers, Networks, Systems and Industrial Engineering (CNSI), pp.147-152, 2011.
  8. 山口亮輔,森口俊幸,金井敦,“Web上でのインフォーマル・コミュニティ範囲選択方式の検討と評価,“情報処理学会 研究報告 グループウェアとネットワークサービス研究会(GN)  2011-GN-78(2), pp.1-6, 2011
  9. Roman Hujer, Atsushi Kanai,” Numeric pattern in URL and its modification,” 情報処理学会 研究報告 グループウェアとネットワークサービス研究会(GN), 2011-GN-78(1), pp.1-6, 2011.
  10. 宮上達矢,金井敦,” クラウドスケジューサビにおけるプイバシ保護のため クラウドスケジューサビにおけるプイバシ保護のためのかく乱方式 ,” 電子通信情報学会,第32回アシュアランスシステム研究会,pp.10-15,Sep.2011.
  11. Hiroyuki Sato, Atsushi Kanai, Shigeki Tanimoto,”Building a Security Aware Cloud by Extending Internal Control to Cloud,” 10th International Symposium on Autonomous Decentralized Systems(ISADS),pp323-326, 2011.
  12. 谷本茂明, 黒崎悟, 高本剛志, 林和範, 水原真一, 守屋利彦, 横井雅彦, 佐藤周行, 金井敦,“キャンパスPKIのコスト構造定量化に関する検討,” 電子情報通信学会全国大会予稿集 D-9-36,2011.

特許

  1. “スケジュール管理装置およびスケジュール管理方法,” 特願2011-287996,2011.

2010年度

  1. Ryosuke Yasui, Atsushi Kanai, Takahashi Hatashima, Keiichi Hirota,”The Metric Model for Personal Information Disclosure,”Proceedings of The Fourth International Conference on Digital Society (ICDS2010), pp.112-117, 2010.
  2. S. Tanimoto, S. Kurosaki, T. Takamoto, K. Hayashi, S. Mizuhara, T. Moriya, M. Yokoi, H. Sato, A. Kanai,”Managing PKI Deployment and Operation Based on Assurance Levels and Cost Structure, Proceedings of the 5th International Conference on Project Management(ProMAC2010), A11,pp.102—110, 2010.
  3. Sato, H., Kanai, A., Tanimoto, S.,”A Cloud Trust Model in Security Aware Cloud,” Proceedings of 10th International Symposium on Applications and the Internet (SAINT 2010), pp.121—124, 2010.
  4. 森加夢偉, 金井敦,”ブログにおける記述者本人の氏名判別手法の提案,” 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2010),情報処理学会シンポジウムシリーズ  Vol.2010,pp.149-154, No11,2010.
  5. 山口亮輔, 金井敦,”Web上での「叫ぶ」範囲選択方式の検討,” 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2010),情報処理学会シンポジウムシリーズ  Vol.2010, No11,pp.193-198,2010.
  6. 谷本茂明, 黒崎悟, 高本剛志, 林和範, 水原真一, 守屋利彦, 横井雅彦, 佐藤周行, 金井敦,”キャンパスPKIにおけるコスト構造に関する研究,”電子情報通信学会, LOIS2010-22, vol.2010, No.22,pp.25—30, 2010.
  7. 佐藤周行, 金井敦, 谷本茂明,”セキュリティ・アウェア・クラウド,”概念とモデル, コンピュータセキュリティシンポジウム2010論文集,pp.339–344, 2010.
  8. 柴田 賢介,千田 浩司,山本 太郎,高橋 克巳,金井 敦,”パーティ秘匿回路計算を利用したプライバシー保護データ分析実験報告(2) – 大学生の成績と生活実態との相関分析 -,” 情報処理学会研究報告,コンピュータセキュリティ研究会研究報告 Vol.2010-CSEC-48,No.3, pp.pp. 1-6, 2010.
  9. 後藤慎弥, 山口亮輔, 金井敦,”Web上でのインフォーマル・コミュニケーション実現方式の提案,”情報処理学会、グループウェアとネットワークサービス研究会研究報告,Vol.2010-GN-74 No.9, pp.1-6,2010.
  10. 土斐崎博,安藤嵩,金井敦,“位置・姿勢情報付き写真検索アルゴリズムの検討,”情報処理学会、グループウェアとネットワークサービス研究会研究報告,Vol.2010-GN-74 No.8,pp.1-6, 2010.
  11. 安藤嵩,土斐崎博,金井敦,“位置・姿勢情報付き写真検索アルゴリズムの検討,“情報処理学会、グループウェアとネットワークサービス研究会研究報告,Vol.2010-GN-74 No.7, pp.1-6 2010.
  12. 小堀裕貴,金井 敦,“人間の歩容特性による個人認証方式の検討,”情報処理学会第72回全国大会、2ZE-1 ,pp.3-627-3-628, 2010.
  13. 佐藤 和紀, 金井 敦,“ブログ記事自動抽出方式の検討,”情報処理学会第72回全国大会、5ZE-1,pp.3-671-3-672, 2010.

2009年度

  1. 佐藤 和紀,安井 良介,金井 敦,廣田 啓一,谷本 茂明,“ブログにおける個人に関する情報の露出状況調査,“ 情報処理学会マルチメディア,分散,強調とモバイルシンポジウム(DICOMO2009),情報処理学会シンポジウムシリーズvol.2009,No1,pp.1473-1480,(2009年7月).
  2. 安井 良介,廣田 啓一,畑島 隆,金井 敦,“個人情報記述レベルの定量化手法の検討,” 情報処理学会マルチメディア通信と分散処理ワークショップ(DPSWS2009), 情報処理学会シンポジウムシリーズ  Vol.2009, No.9,pp.183-188,(2009年10月).
  3. 根本幸人,後藤慎弥,金井 敦,“ソーシャルブックマークにおけるタグ付けを利用したWebページ評価手法の検討,”情報処理学会,グループウェアとネットワークサービス研究会研究報告,Vol.2009,No3,pp.55-60,(2009年1月).
  4. 佐藤和紀,安井良介,針谷友彰,金井敦,廣田啓一,谷本茂明,“ブログにおける個人情報漏えいの状況調査,”情報処理学会,電子化知的財産・社会基盤研究会研究報告,Vol.2009,No.11,pp.1-8, (2009年2月).
  5. 安井良介,佐藤和紀,針谷友彰,金井敦,廣田啓一,谷本茂明,“ブログにおける個人情報漏えいレベルの定量化,”情報処理学会,電子化知的財産・社会基盤研究会研究報告,Vol.2009, No.11, pp.9-16,(2009年2月).

書籍

  1. 金井敦,荒金陽助,酒井善則共著,“攻めと守りのシステムセキュリティ,”電子情報通信学会/コロナ社,(2009年4月).